サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターの使用上の注意点

サーキュレーターの注意点サーキュレーターを使用するうえで注意してほしい点は、直風を長時間浴びないということです。

扇風機の代わりとしてサーキュレーターを使うといったケースもあるかもしれませんが、サーキュレーターは人が直接風を浴びることを前提に設計されていませんので、高機能な扇風機にありがちな「ステップモード」「お休みモード」などの断続的な回転モードがありません。

人へのそよ風ではなく、部屋の空気全体の循環を目的とした製品のため、風量が強く大きいのですが、それゆえに体温の低下を免れることができず、直風を長時間浴びながら寝入ってしまうなどをすると、風邪をひいたり、体調を崩してしまうことがよくあります。

そもそもサーキュレーターは、冷暖房器具ではありません。

あくまでも、部屋の空気を循環させ、湿度や温度を一定に保つためのツールとして利用されることをおすすめします。

また、海外製の製品や、日本の一部のメーカーの製品のなかには、サーキュレーターのファンを囲っている格子(外側の部分)の目が粗いものもあります。

こうした製品の場合、幼児が指を入れてしまったり、衣類を巻き込んでしまったりすると非常に危険ですので、使わないようにするか、手の届かない場所に設置するなどの配慮が必要です。

ファンのパーツ部分がプラスチック製のものであればまだよいのですが、工業扇とよばれる大型のサーキュレーターの場合は、ファン自体が金属で作られているものもあるため、さらに注意が必要です。