サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターの主要メーカー

主要メーカーここでは、主要なサーキュレーターの製造メーカーをご紹介したいと思います。

最近でこそ注目されるようになってきたサーキュレーターですが、世間一般的にはまだまだはメジャーな季節家電とはいえない状況です。そのため、国内の有名家電メーカーであっても、もともと製造していなかったり、すでに生産中止になっているところも多くあります。

本来は、工業用品として広く流通していた背景もあるためか、工場やプラントなどの工業系メーカーが多いようですが、海外のメーカーの中には、高いデザイン性や優れた性能の持つ人気ブランドがいくつか存在します。

そのなかから、代表的なメーカーをいくつかご紹介しましょう。

Vornado/ボルネード(アメリカ)

ボルネードボルネード社は、カンザス州アンドーバー市に設立されたメーカーです。

高いデザイン性と、航空力学によって導き出された緻密な設計に定評があり、サーキュレーターの世界的メーカーとして地位を誇っています。

もともとボルネード社は、1940年代前半、カンザス州ウイチタ市にオーエーサトン氏によって設立されたメーカーです。

第二次大戦中、軍用機のエンジン性能をあげるため研究・開発された空気力学のノウハウを扇風機に応用し、初代のボルネード・ファンを誕生させたとあります。

エアコンがまだ一般に普及していなかった当時、非常に評価が高く、当時市場に出ていた扇風機の3台に1台はボルネード製だったといいますが、エアコンの普及と共に売れ行きに陰りがみられ、やがて生産中止を余儀なくされました。ところが、石油ショック以降、エコに関心がもたれるようになり、エアコンの冷房効率を上げるために天井に取り付ける「シーリングファン」が人気絵dしたが、取り付け工事の手間やデザイン的に合わないケースなどがあったため、手軽に設置できるボルネード・サーキュレーターは、持ち運びのできるシーリングファンとして大ヒットしたのでした。

現在、ボルネードに類似したサーキュレーターが市場に多く出回っていますが、サーキュレーターという概念を開発・生産したボルネード社のサーキュレーターは今なおトップブランドとして高く評価されています。

Honeywell/ハネウェル(アメリカ)

ハネウェルAmazonでサーキュレーターを探してみたことのある人なら、いちどは目にしたことがあると思います。

名前は、ハネウェルといいます。

アメリカのアリゾナ州に拠点をもつ、宇宙産業メーカーのひとつで、世界最大手の航空宇宙機器製造会社として有名です。

日本ではあまり知名度はありませんが、ニューヨークで上場されていて、いわゆる「ダウ・ジョーンズ」の30社のひとつとしても知られているほど、老舗の優良メーカーです。

ハネウェルにとってサーキュレーターは、数ある製品のひとつでしかありませんが、日本ではサーキュレーターのメーカーとしての方が知名度が高いかもしれません。