サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターとは何か?

サーキュレーターの参考画像サーキュレーターとは、空気の循環、換気、空気の撹拌(かくはん)などを目的として利用されるファンのことを指します。

もともとは工業製品のひとつですが、天井に設置するシーリングファンと同様に、その利便性に着目され、少しずつ家庭用も登場し始めています。

回転する羽根戸いう点では扇風機と同じようなものだと考えられがちですが、実はまったく用途が違います。

扇風機はもともと直接体に風を受ける目的で作られたものです。

そのため、広範囲に風を送り出すことを目的としています。

一方のサーキュレーターは、直接風を受けることを想定して作られた製品ではありません。そのため、扇風機よりも直進性が高く、遠くまで風を送り届けることができます。つまり、風力の強い風を発生させるための装置です。

家庭内での主な用途としては、風を送り出す(イコール、風を吸い込む)ことによって、風通しが悪く湿気の溜まりやすい場所を換気したり、室内の熱の偏りを防ぐことで、空調やエアコンの効率をあげる目的で使用されています。

羽根が回るという機械的な構造が扇風機と似ていることから、近年では扇風機の替わりに購入する人っも増えていますが、サーキュレーターと扇風機の違いでも述べているように、もともと最適な用途や、風速、風向、風量、風音、製品特性はかなり違います。

circulateという単語には、もともと「循環させる」や「流布される」「伝わる」などの意味があります。

血液が体内を循環するという表現をする場合は、「Blood circulates through the body.」などといった表現を用います。

サーキュレーターは、その名の通り「換気」「循環」を目的としているため、回転する羽根から得られる風を直接あびることは、あまりおすすめできる用法ではありません。

これは、サーキュレーターに限った話ではありませんが、強い風を身体に長時間うけることは、体温を低下させてしまうため、健康上も良くないからです。

代表的な用法としては、空気の温度の平準化です。

暖かい空気は上昇して天井付近に集まり、逆に冷たい空気は床面付近に集まります。

よって、冷暖房などの空調設備をつかうときは、一般的に冷房は吹き出し口を上部に向け、暖房は吹き出し口を下部に向けることで、出来る限り空気が循環するようにするものですが、それだけではどうしても部屋に温度差が生じてしまいます。

そこで、外部の装置を用いて空気を積極的に撹拌(かくはん)してやることで、室内の温度差を一定に保ち、冷暖房の効率を最大限まで高めることなどが、サーキュレーターの主な目的となります。

また、エアコンの吹き出し口から出てくる風を迎え撃つような角度で風を送ることで、冷気や暖気が室内にまんべんなく散らばるようにすることも有効です。

そのほか、オフィスの業務用エアコンや、飲食店などの天井型エアコンなどでありがちですが、「エアコンの風が直接当たって寒い」などの問題も解決できるため、一石二鳥の使い方だと言えるでしょう。

そのほか、湿った浴室の乾燥に使ったり、部屋干ししている洗濯物に使ったり、部屋の換気に使ったり、冷気や暖気を隣の部屋に送り込むなど、さまざまなシーンで一年中使える装置といえます。

意外と利用できるシーンは多いのですが、モーターを回すだけという単純な仕組みなので、電気代も極めて安いというエコな製品です。

高温多湿な日本の風土にこそ活用したいアイテムのひとつですので、ぜひ積極的に活用してみてはいかがでしょうか。よりくわしい活用方法などは、サーキュレーターの使い方でも詳しく解説していますので、参考になれば幸いです。