サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターと扇風機の違い

扇風機との違いについてサーキュレーターとよく似た製品に、昔ながらの扇風機や送風機があります。

形状や機械的な構造がほとんど同じことから、扇風機とサーキュレーターが同じものとして扱われているケースを見かけますが、実は目的も構造もかなり違います。

サーキュレーターは、空気の循環を目的としたものなので、広範囲に幅広く風を送るようには設計されておらず、ピンポイントに直進性の高い風を送ります。

羽根の形状も扇風機とは違って、なるべく遠くまで風を送れるよう、独特の形状をしている製品も良く見かけます。

一方、扇風機は、風を体に浴びることによって冷房効果を得る製品なので、風の直進性よりも幅広く風を送ることを目的としています。

沿う失態見えでゃ、サーキュレーターは間接的に利用する製品だといってもよいかもしれません。

実際に、サーキュレーターと扇風機を並べて使ってみていただけると分かりますが、扇風機の場合は、3メートルも離れると、ほとんど風を感じられなくなります。

ところがサーキュレーターの場合は、充分に風か届くものが多いです。もちろん、風量やサイズにもよりますが、同じサイズのものを比べみると、かなり風力特性が違うことがお分かりいただけると思います。

つまり、扇風機が広く浅く風を送る機会なのに対し、サーキュレーターは狭く深く風を送る機会だと考えていただくと、イメージしやすいかもしれません。

どちらが優れているということではなく、存在意義が異なるため、もともとの特性が違うということです。

このように、サーキュレーターと扇風機は、用途や目的が異なるため、扇風機と比較することはあまり意味が内容にも思えますが、その構造や目的上、扇風機よりも風音が大きいものが多く、タイマー機能や自動首振り機能などが付いていない製品が大半です。

無印良品やアイリスオーヤマのサーキュレーターのように、静音性や機能性を売りにしたサーキュレーターも最近は見かけますが、基本的には風を発生させるために作られた装置ですので、シンプルな機種が多いこともサーキュレーターの特徴です。

そのほか、大きな違いとしては、本体の形状です。

扇風機の場合は、操作パネルとファンをつなぐ部分に長い首が付いていることが一般的ですが、サーキュレーターは首に該当する部分がないため、総じてサイズは小さめです。

しかし、ファンの向きを上下180度まで回転させることができる機種が多いため、上方に風を送り込むことも得意です。逆に高いところから低いところに風を送り込みたい場合には、設置する場所を高い場所にするなどの工夫が必要です。

ということで、サーキュレーターと扇風機の違いを簡単に述べるなら、「風を直接浴びて使うものか、風を間接的に使うものか?」だといえるでしょう。