サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターの使い方

山善のサーキュレーターサーキュレーターは、作りや機能が単純な装置ですが、アイディア次第でさまざまなシーンで活用することができます。

しかし、適切な使用方法を知らないと、せっかくの機能や特性が活かされません。

これでは、宝の持ち腐れになっていまいます。

そこでここでは、サーキュレーターの代表的な使い方や、わたし個人がやっていること、おすすめする利用方法をいくつか実例をあげてご紹介しましょう。

エアコンや冷暖房器具と併用して冷暖房効率を上げる

室内の空気は、その温度によって動き方が変わります。

部屋の空気の温度は均一だと思われがちですが、部屋の上の方と、部屋の下の方では、5度近く温度差があることも珍しくありません。

これは、冷たい空気は下にさがり、暖かい空気は上昇することが原因です。

空気の温度差による「対流」がうまく均一に行われているときは問題ありませんが、部屋の形状や場所によっては、どうしてもうまく対流しないケースがあります。こうした「対流がうまくいかないこと」が、エアコンなどの冷暖房効率を著しく落としてしまうのです。

また、エアコンといえども、部屋の隅々にまで風がいきわたるとは限りません。最近のエアコンは、動くものを見つけて自動的に風の向きを調節するムーブアイなどの機能が充実している機種もありますが、それでも部屋全体を均一にコントロールすることは難しいものです。

そうすると、「エアコンを付けているのに暑い」「エアコンを付けているのに、この辺りだけ寒い」「エアコンを付けているのに、ぜんぜん涼しくならない」といった現象になってしまいます。

そこで登場するのが、サーキュレーター。

室内に冷気や暖気の偏り、ムラが発生しないよう、強制的に風を送ってやることで、室内の空気の対流をうながし、室内の温度差を一定に保つことができます。

たとえば、冷房を使用しているときは、エアコンの吹き出し口に向けて風を送り、暖房を利用しているときは、床と並行もしくは少し上向きに風を送ってやることで、室内にまんべんなく空気をいきわたらせることができます。

また、座っていることの多い部屋では、必ずしも空気をかくはんしてやる必要がないこともあります。そうした場合は、床においたサーキュレーターで、床とほぼ水平に風を送り込んでやることで、低い位置にある冷たい空気を、別の位置に移動させるという使い方もできます。

サーキュレーターは、扇風機と混同されているケースの多々あることから、夏場での使用ばかりが注目されがちですが、暖房を使う冬場にもサーキュレーターは非常に力を発揮します。

石油ファンヒーターや石油ストーブなどで利用する場合は、暖房器具の本体に直接風を送らないよう注意が必要ですが、室内の高低差や場所によって温度差が激しい場合は、サーキュレーターを使うことで、部屋全体を素早くあたためることができるからです。

エアコンや石油ファンヒーターの設定温度を2~3度上げ下げするくらいなら、設定温度はそのままにしてサーキュレーターを利用する方が、大きな出力を使うことなく冷暖房器具のパフォーマンスを向上させることができるため、大幅な節電効果が期待できます。

2.部屋干し、室内干しの洗濯物を早く乾かす

サーキュレーターの使い方として次におすすめしたいのが、室内干し対策としての利用法です。梅雨時期や、雨が続く時期、天候が優れない時期などには、洗濯ものがなかなか乾かないという経験をされた方は多いと思います。

そうした場合、乾燥器がある家庭の場合は良いのですが、あまり利用機会が無い場合や、十分な設置スペースがないために乾燥器を導入していない家庭は多いはずです。また、乾燥器を利用すると電気代もかさむため、導入していてもあまり使っていないという方もいるかもしれません。

そうした場合、どうしても室内で洗濯物を乾かす室内干しをしなければならないときがありますが、そうした場合でもサーキュレーターは非常に役立つのです。

具体的には、室内に干している洗濯物の下から直接風を送ってやることで、洗濯ものが乾くスピードが雲泥の差となります。雨などで湿度の高い日だと室内干しをしてもなかなか乾かないことがありますが、サーキュレーターを併用して室内干しを行うことで、洗濯ものが乾く時間を大幅に短縮させることができます。

ちなみに、おすすめはシューズの乾燥です。体育館シューズやスポーツシューズを洗った場合、乾くまでに相当の時間がかかるものですが、100円ショップなどで手に入るS字フックを使って靴をサーキュレーターに引っ掛け、直接風を当ててやると、驚くほど速く靴が乾きます。

室内干しの乾燥時間を短縮できる事の利点は、早く乾いて嬉しいというだけでなく、室内干しでありがちな「生乾きの臭い」にも効果があります。というのは、臭いの原因は、洗濯物をゆっくりと乾かしている間に繁殖してしまう雑菌が原因となっているからです。

サーキュレーターを使って早く洗濯物を乾かすことで、こうした雑菌の繁殖を最低限におさえることができるため、忙しい主婦の方や、夜中に洗濯物をされる方には特におすすめです。

最近では、アイリスオーヤマや山善、ユアサなどのメーカーから、自動首振り機能を持ったサーキュレーターも多数発売されているので、こうした用途を検討している場合には非常に役立つでしょう。

3.部屋の換気を行う

サーキュレーター本来の使い方だと言っても過言ではないかもしれませんが、強い風による換気も、意外と役に立つのです。

夏場の場合は、部屋の中心部から開け放った窓に向けて(つまり外に向けて)サーキュレーターを動かしてやることで、室内にこもった熱気を追い出すことができるため、意外と涼しくなるのです。特に、コンクリート製の壁でつくられているオフィスビルやマンションなどの場合、日中の熱気をコンクリートが吸収してしまい、陽が落ちた後にじわじわと室内に放出してしまうので、いつまでも暑い現象が起こりがちです。

実際、この現象によって熱中症にかかり、死亡する方が出ているくらい危険な現象ではあるのですが、こうした熱気を外部に放出する際にも、サーキュレーターは非常に役立ちます。

また、冬場の場合、石油ファンヒーターやガスファンヒーターなどを使用する方も多いと思われますが、ほとんどの機種で1時間~2時間運転した後に換気をするよう記載されています。

これは、一酸化炭素中毒にならないように換気を促しているものですが、あまり風が無い日や、窓のない室内などで暖房器具を利用している場合、なかなか十分な換気が行えないこともよくあります。

そんな際、サーキュレーターで強制的に室内の空気を吐き出させてやることで、部屋の空気をクリーンな状態に戻すことができます。

そのほか、換気扇などの空調設備が無い室内で煙草を吸う場合、部屋がすぐに黄ばんでしまいがちですが、サーキュレーターを使って煙を外部に放出させることで、部屋の換気を効率よく行うことができます。

4.結露対策、湿気対策として活用する

室内干しでの利用方法と似ていますが、湿度の高い梅雨時期や、寒暖差が激しい冬場の結露対策にも、サーキュレーターは有効です。

そもそも、蒸し暑さや結露は、空気中の飽和水蒸気量が原因です。

ある気温の空気中に水分がたくさんありすぎると、過剰な湿度となるために、蒸し暑く感じたり、結露が発生したりします。

日本は高温多湿の気候ですから、夏場でも湿度がずいぶんと高めです。日本よりも高温の気候にもかかわらず、早いやグアムなどのリゾート地が快適に感じられるのは、気温は高いものの、湿度が低いため、全体的に乾燥しているからにほかなりません。

また、冬場に結露が起きる原因も、湿度の高さが原因です。

というのは、同じ湿度であっても、25度の部屋なら飽和水蒸気量に達していなくても、15度の外気では飽和水蒸気量に達しているという状況が起こり得るからです。

こうした「過剰な湿度」を乾燥させることにも、サーキュレーターは一役買います。

いわば、エアコンのドライのような役割を担ってくれるというわけです。

しかも、熱を使って乾燥をさせるエアコンと違い、サーキュレーターは単に空気を乾かすだけの装置。それゆえに、同じ結果を得るための電気代が非常に安く済むのです。

サーキュレーターは、非常に単純な製品ではあるものの、そのシンプルな機能がゆえにどんな使い方をするかは利用者のアイディア次第というところです。

5.局所的な送風装置として

もともtサーキュレーターは、風を直接浴びて使う製品ではないのですが、その強力な直進性の高い風の使い道としては、ドライヤーにも使えます。

床置きしているときはちょっと土下座をするような格好にはなりますが、風がものすごく強いため、子どもの紙や女性の長い髪の毛でも、意外とすぐに乾かしてくれます。

いわば、ものすごく口の広いドライヤー代わりにするということですが、部屋を乾燥させる意味合いでも使えるものなので、こうした局所的な乾燥装置として使うのも一考です。