サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

サーキュレーターの換気能力って、どのくらい?

サーキュレーターが単なる空調用品ではないことを知っていただきたく、このサイトでは色々な用法をご紹介していますが、今回は換気扇としての性能がいかほどなのかを、ご紹介してみたいと思います。

今回の実験に使ってみた機種は、アマゾンで発売されていて大人気。ゼピールというメーカーの激安サーキュレーター「DKS-20W」です。

同型のDKS-20(ブラック)という機種は前から発売されていましたが、この白色モデルということで、DKS-20Wがアマゾン限定で発売されています。

たばこの煙がどのくらい換気されるものなのかを試してみました。

サーキュレーターの換気能力

このような感じで、サーキュレーターの背面からたばこの煙を吹きかけるなどしてみました。

もともとサーキュレーターは、冷房用途で使うものではなく、もっとシンプルな構造。背面の空気を前面に強く押し出すというだけの単純な装置ですが、直進性が高いため、扇風機では得られない風速や風力が得られます。

その力を利用して、部屋の空気を循環させることでエアコンの効率を上げ、結果的に節電に寄与するということでサーキュレーターが見直されていますが、それ以外の用途にも色々と使えるということで、今回は換気扇として使ってみることに。

タバコの煙がぐんぐんと吸い取られていくのがわかると思います。

このように、部屋から室外に向けて運転させることで、部屋の空気を押し出すことができますので、同じように

・焼き肉を食べた後の部屋のにおいを逃がす

・塗装などでシンナー臭がする部屋から空気を逃がす

・ペットショップなどでのにおいを外気に逃がす

・毛染めや強い洗剤などで浴室にこもった匂いを室外に追いだす

・フローリングのワックスなどの刺激臭を外に追い出す

などの用途にも十分に使えます。

動画でも撮影してみましたので、御覧になってみてください。