サーキュレーターの使い方、扇風機との違い、おすすめ機種、選び方、価格情報、注意点などを掲載中。サーキュレーターの使い方ガイド

冬場の暖房対策にもサーキュレーターは有効

暖房器具との相性サーキュレーターは、冬場の暖房器具との相性も抜群です。

冬場に利用する代表的な暖房器具といえば、エアコンによる暖房機能、灯油を使った石油ファンヒーター、石油ストーブ、都市ガスやプロパンガスを利用したガスファンヒーター、オール電化住宅などによく見られる床暖房などがあります。

そのほかの変わり種としては、古民家住宅にみられるような囲炉裏や、暖炉といった器具もあります。

そうした暖房器具によってあたためられた空気は、冷たい空気よりも軽くなるため、いったん部屋の天井付近にたまり、しばらくすると空気が冷えて下に降りてくるといった対流が起きます。

そのため、エアコンで暖房を利用する際は、吹き出し口を下に向けることが一般的です。(逆に、冷房を利用する際は、吹き出し口を上に向けることが一般的です)

もともと暖房器具は床に近い場所で利用されることが多いので、エアコンによる冷房に比べれば、高低差による室温差は少なくなりがちですが、暖気を部屋全体に広範囲に送り届けようとすると、どうしても暖かいエリアと寒いエリアの差が長じてしまいます。

そこで暖房器具の出力を上げることで対応をすることになりますが、そうすると、どうしても暖房効率が落ちてしまいます。電気代も燃料台代も大きくかさんでしまうことになります。

そこで大活躍してくれるのが、冬場のサーキュレーターです。

サーキュレーターは、扇風機とは違ってもともと冷房家電ではありません。空気の撹拌(かくはん)が目的とされる循環器のため、夏場のエアコン対策や節電対策だけでなく、冬場のヒーター対策にも非常に効果的なのです。

具体的な利用法としては、暖気をまんべんなく部屋全体にいきわたらせるための循環器としてももちろんですが、部屋の上部にいってしまった暖気を強制的に下ろしてくる用途にも使えます。この場合は、天井側にサーキュレーターを向けるよりも、サーキュレーター本体を少し高い位置にセットし、上から下に風を送り込む形で使うと効果的です。扇風機と異なり、コンパクトで安定感もある形状をしているサーキュレーターならではの使い方といっても良いでしょう。

さて、暖房器具とサーキュレーターを組み合わせて利用する際に注意が必要なことは、暖房器具の吹き出し口に向けて風を送らないということです。

エアコンの場合はそれほど問題にはなりませんが、石油ファンヒーターや石油ストーブなど、火を使う暖房器具に風を直接当ててしまうと、思わぬ事故になりかねません。場合によっては、石油ファンヒーター内部で灯油に引火させてしまったり、炎が安定して燃焼しないなどのトラブルにつながることになりますので、暖房器具に直接風を送ることは避けましょう。

天井に向けて風を送ることで空気の対流を促したり、暖房がいきわたっていない場所に暖気を送り込んだり、換気のために使うなど、冬には冬にあったサーキュレーターの使い方で活用することをおすすめします。

ちなみに、石油ファンヒーターを使いこなすための情報は、こちらの「石油ファンヒーターの選び方ガイド」にてご参照ください。